記憶力アップする食べ物

食べ物によって記憶力は変わってきます。記憶力が上昇する食べ物をまとめてみました。

脳の健康を守ってくれる魚を食べる
『DHA(ドコサヘキサエン酸)』マグロ、ブリ、イワシ、サバ、サンマなどに多く含まれている。
DHA(ドコサヘキサエン酸)・・・記憶力、集中力を高める
青物の魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の一種。人の体では、脳や網膜細胞に多く含まれ、頭の働きを良くしたり記憶能力を高めたり、記憶力低下を予防する働きがあります。脳や神経組織の発育に重要な役割を果たす大切なものですが、体内で作り出すことができないため、食物から直接摂取しなければなりません。



任天堂DSで有名な「記憶の権威」が記憶の秘密を大公開
<< 1日7分,通勤電車の合間でも「あるゲーム」をするだけで記憶力を数十倍に上げる方法とは?





特に青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸には、記憶力の減退を防いだり、アルツハイマー病を防ぐ働きがあるといわれています。また、肉より魚を食べることで、ドロドロ血液の原因になる飽和脂肪酸の摂取量を減らすことができます。



チョコレートにも効果が
『テオブロミン』チョコレート、ココアに多く含まれている。
テオブロミン・・・記憶力、思考力、集中力を高める
カフェインと比較して興奮作用がずっと緩やかで、大脳皮質を刺激し、集中力、記憶力、思考力を高めます。また、自律神経を調節してリラックスさせる効果もあります。



チョコレートは、脳への血流を増やし脳の機能を活性化したり、加齢に伴う脳機能の低下を遅らせる働きがあると報告されています。ポリフェノールが含まれるカカオが多く使用されているダークチョコレートを探しましょう。ただしチョコレートの食べすぎは、カロリーオーバーにつながるので気をつけて下さいね。



不足すると記憶力が低下する食品

『亜鉛』牡蠣、牛もも肉、レバー、うなぎ、ほたて貝など

亜鉛・・・記憶力を高める
亜鉛は神経細胞間の刺激伝達物質を合成する成分で、脳の機能を高め、精神を安定させる働きがあります。神経細胞の伝達がスムーズに行われることが記憶力アップにつながるといわれています。



亜鉛が不足してしまうと、神経伝達物質の量の調整がうまく機能しなくなり、記憶力が低下してしまうのです。
体全体で、およそ2グラムの亜鉛が蓄えられています。
量は少なくても、役割は重要です。



脳内で重要な情報伝達物質の役割を果たす食品

『レシチン』大豆製品、ピーナッツ、卵黄、穀類など

レシチン・・・記憶力、学習能力を高める
脳内でアセチルコリンという物質になります。アセチルコリンは代表的な情報伝達物質の一つであり、とくに記憶の形成に重要な役割を果たしています。


脳の40%はレシチンでできていて、レシチンの構成物質の一つ「コリン」は、脳内伝達物質のアセチルコリンに変化。レシチン不足が記憶力低下の原因となるのです。そのためレシチンは、認知症予防の成分としても研究者から注目を集めています。



記憶力を高める食べ物「豚肉」のビタミンB1

『ビタミンB1』豚肉、米、玄米、小麦胚芽、レバー、牛乳、卵、ゴマ、大豆、納豆、バナナなど

ビタミンB1、B6、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12・・・脳の正常な機能を保つ役割があります。神経伝達物質の生産、脳と神経細胞のコミュニケーションなどに関わるため、これらの栄養素が不足すると記憶力に障害が出る可能性もあります。


脳にとって、唯一のエネルギー源は糖質(ブドウ糖)で、この糖質をエネルギーに変えるのがビタミンB1です。



記憶力を悪くす食べ物

反対に記憶力を悪くする食べ物もあります。

代表的なものはジャンクフードです。油脂の悪いものは控えなければなりません。
脳の80%は油でできています。つまり、脳は脂肪でほとんどできているということです。
したがって、脳を活性化させるためには、不良な油脂、劣化した油を摂取しないことです。
特にリノール酸系の油脂はよくありません。コロッケや揚げ物に使われる油脂ですね。



バランス良く摂取することが大切

記憶力アップに効果的な食品とバランス

記憶力を高めてくれる食品には、色々なものがありますが、
それらの食品の効果を有効に発揮するには、バランス良く摂取することが大切で、どれか1つを集中的に沢山摂取しても、記憶力の向上には役立ちません。

例えば脳に対して効果的な食品だけを毎日食べても、
それ以外の栄養素をしっかりと摂取していないと、効率良く作用しないだけでなく記憶力を高める効果は得られないことになるので、バランスは大切です。









勉強に大切な栄養素と食事

糖質(デンプン・ブドウ糖)
血糖値を上げることで、脳のエネルギー代謝を高めて脳の働きを活発に!

糖質を多く含む食品
穀類(ご飯・パン・めん・芋類) など

たんぱく質(アミノ酸)
脳の細胞の働きを活発にし、頭の回転を良くなる!

たんぱく質を多く含む食品
魚類・肉類・大豆・大豆製品・牛乳・卵 など

カルシウム
集中力を高める働きが!
精神を安定させ、イライラを減少させるためにも大切な栄養素

カルシウムを多く含む食品
牛乳・乳製品・海藻、小魚・大豆・大豆製品・緑黄色野菜

レシチン(脂質の一種)
脳の働きを活発にし、記憶力を高める!

レシチンを多く含む食品
大豆・卵黄・くるみ・ピーナッツ・ごま・油・レバー・ウナギ など


ビタミン類
脳の活動全体を調整し、活性化!
特にビタミンB群やビタミンC、Eは脳の活動をスムーズにするために大切

ビタミンB群を多く含む食品
豆類・胚芽米・強化米・豚肉・レバー・卵黄・牛乳・チーズ など

ビタミンB群の不足は倦怠感、疲労感、眠気、憂鬱やストレスなど、精神的にも肉体的にも悪影響を及ぼします。そして、ストレスが多くなるほど、ビタミンB1の消費が激しくなります。 勉強にはビタミンB群は重要な栄養素です。

ビタミンCを多く含む食品
新鮮な野菜・果物・さつまいも・じゃがいも など

ビタミンEを多く含む食品
緑黄色野菜・魚類(イワシ、サバ、サンマ)・大豆・大豆製品・胚芽米 など





魚の効果

魚にはDHAが豊富に含まれます。DHAについて詳しく見てみましょう。

DHAとは… 正式名称は「ドコサヘキサエン酸」
青魚などの脂肪に多く含まれている不飽和脂肪酸の一種です。
脳の記憶学習中枢を構成する物質のひとつで、脳細胞の働きを活発にし、記憶力を高めます。

DHAが多く含まれる食材

マグロ・ブリ・イワシ・サバ・カツオなどの魚類

DHAは脳や神経組織の発育に重要な役割を果たす大切な栄養素です。身体の中で作り出すことができないため青魚などから積極的に摂取を心がけましょう。

?



大豆食品

大豆・大豆製品・枝豆・卵黄・チーズ・芋類・ゴマ油・レバー・ナッツ類など




レシチンは脳の神経伝達物質であり、記憶力や集中力の向上に効果を発揮します。レシチンは大豆に多く含まれるので、豆腐や納豆などの大豆製品を毎回の食事に取り入れましょう。





レシチンをたくさん摂取すれば、脳の中で情報の伝達が少しでもスムーズになり、脳の全体的な機能が向上します。
記憶力や集中力はもちろんです。
物覚えを強化できたり、頭の回転がよくなったりなど、脳の全体的な力が向上します。


レシチンを摂取する



レシチンが材料になり、アセチルコリンが作られる。



脳内の刺激の伝達がスムーズになる。



記憶力や集中力など脳の力が向上する



卵黄が脳に栄養素を運びやすい

大豆の加工製品の中でも「みそ」が最も多いです。また気軽に取れる「納豆」もおすすめ。納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は血液の粘度を下げる効果もあり、血液をサラサラにしてくれます。



ただ、大豆レシチンをはじめ植物性のレシチンはなかなか脳に届きにくく、主に肝臓機能の維持改善に力を発揮します。



一番脳にレシチンを運んでくれるのは「卵黄レシチン」になります。




亜鉛・ビタミンB1を取ると記憶力が上がる

『記憶力アップを図る』亜鉛、ビタミンB1が含まれる頭がよくなる食べ物には、牡蠣、豚レバー、うなぎ、小麦胚芽、玄米、落花生、豚肉などがあり、特にうなぎには両方が含まれています。神経細胞間の刺激伝達物質を合成するために必要な成分が亜鉛です。ただし鉄分と一緒に摂取すると吸収が悪くなります。鉄分が含まれる食品はひじき、ほうれん草などです。ビタミンB1は脳のブドウ糖の代謝に欠かせない上、中枢神経と末梢神経を正常に保つ役割を持っています。





水を飲むことも大事 血液をサラサラに

脳の働きをスムーズにしたいなら』頭がよくなる食べ物だけでなく水を取らなければ意味がなく、水は絶対に欠かせません。人は発汗や排泄で体内の毒素を含んだ水分を体外に排出しますので、十分な水分補給は体全体にも必要なのです。簡単に言えば脳を目まぐるしく循環している血液がドロドロになってしまうと働きが悪くなるので、血液の浄化のためには水分を十分に摂ることが必要となります。医師から水分制限をされている方はのぞいて一日に1~2Lが理想です。





イワシ・サバなどを食べよう

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸=IPA)は、青背の魚に多く含まれています。
人間の体内では作ることのできない不飽和脂肪酸の一種で、そのうちのn-3系(オメガ3)に当たります。
いろいろな実験で、DHAとEPAには脳の血流をよくし、頭の回転を高める効果があることが知られています。

ですから受験生の食事としては、毎晩、魚を食べるとよいかもしれませんね。
一人暮らしで料理をしないという人は、さんまの缶詰をコンビニで買ってきたり、刺身のパックをスーパーで買ってきてもよいでしょう。たまには回転寿司なんかに行くと、気晴らしになり、栄養も摂れるのでオススメです。独学で資格試験を目指しているかたや浪人生は参考にしてください。


コーヒー 緑茶を飲もう

コーヒー
コーヒーに含まれるカフェインは、脳を活性化する働きがあり、しかも脳細胞の増加にも深く関与していることが、研究によりわかっています。しかし摂りすぎは逆効果にもなり得る上健康被害を引き起こす可能性もあるため、1日2杯ほどがベスト。




任天堂DSで有名な「記憶の権威」が記憶の秘密を大公開
<< 1日7分,通勤電車の合間でも「あるゲーム」をするだけで記憶力を数十倍に上げる方法とは?






















































記憶力アップ 食べ物   記憶力アップ  記憶力アップ 飲み物  記憶力アップ 方法  記憶力アップ トレーニング  記憶力が良くなる食べ物  記憶が良くなる食べ物  記憶力にいい食べ物  記憶力がアップする食べ物  記憶力に良い食べ物  記憶力アップ 方法 食べ物   記憶力アップ 食べ物  記憶力 食べ物  記憶力がよくなる食べ物  記憶良くなる食べ物  記憶力向上 食べ物  記憶力が上がる食べ物  記憶力がアップする食べ物  記憶力を高める食べ物  記憶力が良くなる方法  記憶力を良くする方法    
記憶力アップ 食べ物