お久しぶりです。

留学してからライター業も開始した私ですが、5月ごろに本格的に始めたランサーズで認定ランサーになりました。(それまでの実績はプロジェクト1件とタスク1件でした)

 

 

今回約3か月半くらいで認定ランサーになりましたが、特別になにかしたわけでなく、コツコツ選んだ仕事をして今に至ります。しかも、納期に追われる…なんてことはなく(テストや学生という関係上厳しいときはありますが)自由にやってきました。

 

 

今回は認定ランサーになるまでの経緯やどのくらいの獲得金額や評価でなったのかを書いていきたいと思います。

 

 

とりあえず、認定ランサーになるには半年もあれば誰でもなれるのではないかと思います。

 

f:id:usaharden:20170905115919p:plain

 

  •  最初の仕事は…
  • 月に3~4件の受注に
  • どの程度の実績で認定ランサーになったのか
  • まだまだまったりやります

 最初の仕事は…

ランサーズに登録したのは今年の1月。インターネットサーチで10円のタスクと、リライト案件を文字単価0.3円で受けましたが、3・4時間かかって作成して報酬は1000円。

まるでお金にならないと思い、ここで一旦やめることにしました。

 

しかし、ネットで調べる内にこれだけで月に100万円以上も稼ぐ人がいることを知って、もう一度始めることにしました。その人のブログや、他の活躍をしているライターさんのブログを見ることによって、この世界のスタンダードを知ることができ、ハードルが低くなったと思います。

 

さらに専属案件を、日本にいるときに仕込んでいたところから偶然頂き、そちらの仕事もしていたために、二回目はスッと入ることが出来たかなと思います。

 

 

そして再出発をした最初の案件は、文字単価0.5円のマネー関係の記事でした。結局文字単価は少なめですが、実績を積みたかったのと文字数が1000文字ということで、早く書けるな、とふんで応募しました。

 

そのクライアントさんからは、初回から修正なしで承認いただけたので順調なスタートでした。それからは、文字単価は1円以上~3円のものだけ提案しています。認定ランサーにならなくても普通に受注できることが多いです。(50%くらいの確率で)

 

現在までで、大きな修正依頼は無いのでここまでやってこれたのかもしれません。自分的にも文章の作成はまあまあ自信があったので、ホッとしているところです。

 

 

月に3~4件の受注に

最初の月から継続的に3~4件ほどのプロジェクトで記事作成をしています。1回で終了したクライアントさんもいれば、何回も継続で依頼してくれるクライアントさんもいます。

 

自分はなにより、クラウドソーシング以外で契約しているところが、本数も金額も主力なのでランサーズは気楽に案件を選んでいます。ですから、継続が終了しても気にせずに次の案件に取り組めています。

 

もし直接契約の案件が無ければ、もっと必死にランサーズで仕事をしていると思います。

 

 

どの程度の実績で認定ランサーになったのか

自分が認定ランサーになった実績を赤裸々に告白します。

ただキャプチャを取るのが面倒なので手書きです。

 

獲得金額(税・手数料込み)約57944円

評価 100%

24時間以内の返信率 92%

 

という結果です。

獲得金額が約6万円で認定ランサーになれるので、月に1万円を獲得しながら評価と返信率を80%以上で認定ランサーになることができるようです。

 

上位20%の獲得金額が条件だったと思うので、いかに稼いでいる人がすくないかわかります。

 

まあ、正直認定ランサーになったところで、メリットがあまりあるようには思えないのでどっちでもいいやというのが本音です。

 

 

まだまだまったりやります

現在はランサーズのほかに、クラウドワークスも使っていますが、こちらも適当にやっています。(記事作成は本気ですよ!!)

 

本当にやりたいことで報酬も希望のものを選んで提案をしています。

これからも、直接契約と学生生活が続く限りはこのようにやっていくと思います。