ようやく退任してくれましたね。

フィル・ジャクソン。

www.nba.co.jp

フィル・ジャクソンと言えばコーチ時代に

11度のNBAチャンピオンを経験していることが有名で

マイケル・ジョーダンが在籍している

ブルズで3連覇を2度達成。

コービー・ブライアントが在籍している

レイカーズで3連覇、2連覇を達成した。

これらのNBAチャンピオンに輝いたチームで

採用していたのが、トライアングルオフェンスだった。

そして、今回のニックス球団社長退任の

引き金もトライアングルオフェンスだった。

2014年にフィル・ジャクソンが球団社長に就任してから

自身でコーチしないにも関わらず

ニックスのHCに対してトライアングルオフェンスを

採用することを前提にHCとするものの

HCも複雑なトラアングルオフェンスを理解できず

フィル・ジャクソンが採用される前年

2013-14の37勝45敗から大きく成績を落として

2014-15に17勝65敗、2015-16に32勝50敗、2016-17に31勝51敗。

この間に、HCもデレック・フィッシャーからカート・ランビス

そして現在のジェフ・ホーナセックと落ち着かなかった。

フィル・ジャクソンの唯一の功績と呼べるだろうことが

2015 NBAドラフトで4位指名したラトビア出身のビッグマン

クリスタプス・ポルジンギスを発掘したことくらいだろう。

ドラフト当時、線が細く体が出来上がっていないことから

ニックスが指名した瞬間、会場からブーイングさえ起こったが

そのブーイングしたファンの予想に反して

ポルジンギスは初年度から活躍した事に加えて

2016オフにローズやノア、リーと言った選手を集め

ニックスの復活を期待させたが

ここでもトライアングルオフェンスが機能せず

ローズやノアがシーズン中に故障した事も影響して

期待はずれのシーズンとなった。

それに加えて、プレイオフ中にフィル・ジャクソン側から

カーメロに対して、不要論を持ち出したものだから

カーメロを慕うポルジンギスは激怒。

www.nba.co.jp

そして、ポルジンギスを慕うニックスファンも激怒。

ということで、もはやニックスに残された道は

フィル・ジャクソンの解雇

以外には事実上、無かったとしか思えない。

僕は、ニックスに対して何の思い入れもないですが

トレードの噂がつきまとうオールスターウィーク前後

カーメロが真摯に目の前の試合に取り組んでいた姿が

とても印象に残っていて、それに対するフィル・ジャクソンの

発言はあまり気持ちの良いものではなかったですね。

それでも、下記のロスターが残っているのは良いかもしれない。

  • G/25/デリック・ローズ
  • G/5/コートニー・リー
  • F/7/カーメロ・アンソニー
  • F/6/クリスタプス・ポルジンギス
  • C/13/ジョアキム・ノア
  • F/2/モーリス・ンドゥール
  • G/4/チェイソン・ランドル
  • G/8/ジャスティン・ホリデー
  • F/9/カイル・オークイン
  • F/14/ウィリー・エルナンゴメス
  • F/18/サーシャ・ブヤチッチ
  • G/31/ロン・ベイカー
  • C/40/マーシャル・プラムリー
  • F/42/ランス・トーマス
  • F/91/ミンダウガス・クズミンスカス
  • C/ルーク・コーネット

スターターは、既に実績のあるメンバーだから

怪我しないようにプレイタイムのシェアできる

メンバーをオフシーズン中に補強できれば!

プレイオフ進出もいけそう!