スンダ料理

2017/11/11

先日お客様と夕飯を食べる機会がありまして

久しぶりにスンダ料理を食べました。

スンダとはバンドンを中心とした西ジャワ地域を指し
食材が並んだカウンターで自分の食べたいものを選び
料理してもらう形式です。



この日私が食べたのはアヤムゴレン。いわゆるフライドチキンです。(左上)
そしてテンペゴレンとタフゴレン。(右上)
テンペは大豆から作るインドネシアオリジナルの食べ物で
世界的にもベジタリアンの間では非常に有名な食材です。
揚げたり炒めたりして料理に使います。
この日は揚げたものです。
そしてタフゴレン(若干黄色い三角のもの)
タフとはインドネシア語で豆腐の事です。
タフ=豆腐 ゴレン=揚げる という事で豆腐を揚げたものです。

ちなみに、フライドチキンとテンペたちの間にあるものは
マンゴーです。若いマンゴーを細かく切りサンバル(インドネシアのチリソース)を
あえて食べます。マンゴーが酸っぱくてとってもおいしいんです♪


日本食もおいしいけどやっぱりたまにはこういう
伝統的インドネシア料理が恋しくなります。




にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村